海外キャッシングの上手な利用方法

上手に海外キャッシングと付き合っていきましょう。海外に出かける時などは、予期せぬ事態に対応するために多めに通貨を持っていくことが多いでしょう。

余った通貨は、帰国後、日本円に戻すことになります。ただし、通貨の交換は手数料が無視できない額になるため、現地通貨は多すぎず少なすぎずが理想です。

クレジットカード会社から海外キャッシングで受けた融資は、引き落としを待たずに返済すれば利息を少なくできますので、海外滞在期間が短いならそういった方法が有利です。

海外キャッシングの返済をどうするかは、クレジットカード会社によって違います。使用したクレジットカードが楽天カードだという時は、海外キャッシングの返済形式はリボルビング払いです。

返済の残高が20万円なら、月々の支払いは1万円に利息を加えた金額です。20万円をキャッシングで利用して、そのままリボルビング払いにすると完済まで40か月もかかります。

完済まで時間がかかるということは利息も高額になるということですので、現地での両替の方が海外キャッシングよりお得ということになります。一方、2006年5月から使われているスルガ銀行のデビッドカードは換金レートが抜きんでており、国際キャッシュカードやJCBクレジットカードなどよりもお得に使うことができます。

ATMから希望する金額を引き出すのであれば、そこそこの金額ならデビッドカードの方が海外キャッシングより支払い金額を安く済ませることができます。必要な金額だけ引き出されるようにできていますし、クレジットカードでは受け付けられない各種支払いでもデビッドカードでは、受け付けてくれる場合もあります。

クレジットカードと異なり利息がつきませんので、海外キャッシングよりもデビッドカードの方が有利かもしれません。